【積分】原始関数とはなにか

前回確認したように、積分では、微分とは逆に、導関数から復元された、微分する前のもとの関数の方が演算の出力結果になります。そこで、これに新たに名前をつけて「原始関数(primitive function)」と呼びます。

この節を最初から読む
この節の目次にもどる

原始関数

例によって日本語の方は、いかにも仰々しくてカッコいい名前になっていますが、中身は単に微分する前の「元の関数」というだけですので、慣れない間は、頭の中で置き換えて読みましょう。

また、積分を使うときには、慣例として、導関数の文字を大文字に置き換えて原始関数を指示することが多くあります。すなわち、

原始関数と被積分関数

ということですね。こう表記することで、原始関数と導関数の関係が、数式の中で分かりやすくなります。

また、これとは入れ違いに、積分では、微分におけるアウトプットの導関数の方が、積分される前の関数になります。そこでこれを「被積分関数(integrand)」と呼ぶことがあります。これも、微分における導関数のことです。


posted by oto-suu 17/01/10 | TrackBack(0) | 積分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 前のページ | TOP | 次のページ >>
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445779745
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック