【微分】三角関数の微分の意味〜余角公式で見る

三角関数とその導関数の関係について、今度は合成関数を使わずに、元の定義式に直接余角公式を投入して、どうなるかを調べてみます。

この節を最初から読む
この節の目次にもどる

まずはサインから。符合の向きに注意しながら、慎重に整理していきます。

三角関数の微分と余角公式

次はコサインです。

三角関数の微分と余角公式

ちょっとたいへんですが、このように、ちゃんと同じ結果にもってくることができます。




posted by oto-suu 14/12/21 | TrackBack(0) | 微分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 前のページ | TOP | 次のページ >>

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。