【数列】円周率を数列で求めるV

数列のテクニックを使って円周率を求める応用課題の3回目です。前回円周率に収束する数列の漸化式を割り出しましたので、これに実際に値を入れて計算してみます。

この節を最初から読む
この節の目次にもどる

円周率を数列で求める

作成した漸化式およびその初項は上記のものでした。さっそくこれを計算してみましょう。

円周率を数列で求める

表計算ソフトだとこのくらいで限界です。それでも、なんと 正24,576角形 まで計算することができました。原理的には計算能力さえあれば、この先まだまだ細かく計算していけます。

上表の赤字の部分までが実際の正しい円周率です。よく新聞などを賑わしているような、何億桁、何兆桁を計算した、といった本格的なものと比べれば、ほんのわずかの、他愛もないものですが、それでも今までは与えられた値をただコピペしているだけだった円周率を、はじめて自分でゼロから計算しましたので、感激もひとしおです。

はじめに触れたように、この方法は円周率を計算するものとしてはもっとも原始的なもので、昔の東西の大数学者が実際に計算に使ったものと同じです。同様の原理を使って、古代ギリシャのアルキメデスは、正96角形まで、日本の江戸時代の大数学者 関孝和は、正131,072角形まで求めたといいます。計算機のない時代で、手計算でそこまで計算したのですから、どれほど凄いことか、こうして自分で計算してみることであらためて実感できます。




posted by oto-suu 12/11/17 | TrackBack(0) | 数列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 前のページ | TOP | 次のページ >>
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/291513476
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック