【対数】対数の計算公式U

引き続き、対数の計算についてみていきます。次の計算公式は、真数の指数は対数の外に出せるというものです。

この節を最初から読む
この節の目次にもどる

対数の計算公式

この計算公式は、aからBのC乗を作るための指数は、aをBにするための指数をCで乗じたものに等しいという意味です。あるいは、対数はそれ自体が指数の計算なので、真数の指数は外に追い出して同じ指数として計算できるという理解でもよいと思います。前回のものと同様、指数法則の(3)に対応しています。

対数の計算公式

こちらについても、前回と同様の図解を提示しておきます。説明の内容は、上の式によるものと同じで、a という底から同じBの c 乗という真数を作るのに、直接到達する場合と、Bという中階を経てそうする場合を比較しています。

対数の計算公式


この公式を使うと、真数の中に累乗の形で指数が含まれている場合、それを絞り出して対数の外に出し、簡単な数の対数として扱うことが可能になるので、対数の計算を行ううえでたいへん重宝する強力な公式です。


posted by oto-suu 11/02/17 | TrackBack(0) | 対数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 前のページ | TOP | 次のページ >>
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174112320
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック