【対数】指数法則とゼロ・マイナス・分数の指数

前回おさらいした指数法則は、これまで拡張してきたゼロとマイナスの指数、および分数の指数についても整合的です(というよりもともとそうなるように定義してきています)。以下の例で確認してみましょう。

この節を最初から読む
この節の目次にもどる

<ゼロの指数>
指数法則・ゼロの指数

<マイナスの指数>
指数法則・マイナスの指数

<分数の指数>
指数法則・分数の指数


ところで、分数の指数を取り上げた際に、そこで確認したのは分子が1のケースだけでした。分数の指数についても指数法則が成立するのであれば、指数への乗法を行うことで、1以外の分子の分数も任意に作れることになります。

指数法則・分数の指数


タグ:対数 指数
posted by oto-suu 11/02/13 | TrackBack(0) | 対数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 前のページ | TOP | 次のページ >>
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174112154
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック