【三角比】三角比の拡張〜「三角比」から「三角関数」へ

さて、ここで三角比の考え方を、実際の図形から、円の方程式の際にでてきた座標軸の円の上に移して、関数の一種として拡張して定義し直します。これが三角関数です。場所が座標軸上になったというだけで、考え方は変わりません。ベースにあるのは同じ直角三角形で、サインコサインの定義も同じ、同じ角度に対する三角比もまったく同じになります。

この節を最初から読む
この節の目次にもどる

三角関数


では、このようにすると何がいいのでしょう?もちろんなにかいいことがあるから、こんな妙なこともするわけです。次回からさっそくそれをみていきます。



posted by oto-suu 10/11/09 | TrackBack(0) | 三角比 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 前のページ | TOP | 次のページ >>
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166620048
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック