【三角比】基本的な直角三角形の三角比

幾何の基本を復習した節の最後で、三平方の定理を使って、正三角形を二等分した直角三角形の辺の比率を出しておきました。さっそくそれも例のひとつに用いて、基本的な三角形(角度)の三角比をみておきましょう。前回の定義をみながら、指でなぞって確認してみてください。

この節を最初から読む
この節の目次にもどる

基本的な直角三角形の三角比

基本的な直角三角形の三角比


二倍の角度の三角比と三角比の二倍はちがう

ここでひとつ確認しておきたいことがあります。それは角度をx倍したものの三角比と、三角比そのものをx倍したものとは分けて考えるということです。たとえば、上の表にあるように、sin30°に対して、角度を二倍したsin60°を考えることができます。一方、sin30°というのは、前回書いたとおり、それ自体が30°の角度に対する三角比であることを宣言したひとつの値であり、その2倍の値(2・sin30°)というものも考えることができます。しかし、三角比の定義からいって、三角比そのものの値を2倍にしたものと、指定の角度を2倍にしたものの三角比の値は異なります。前者が三角比の値そのものへの操作であるのに対して、後者は「名札」の書き換え(によって中の値を操作する)です。ここのところがこんがらからないようにしましょう。

二倍の角度の三角比と三角比の二倍


posted by oto-suu 10/11/07 | TrackBack(0) | 三角比 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 前のページ | TOP | 次のページ >>

この記事へのトラックバック