【初等幾何】円の方程式T

前回の「三平方の定理」の応用で、座標軸上でを表すグラフを考えてみます。円というのは、中心からの距離が常に一定であるような図形ですから、座標軸の原点からの長さが常に一定になる点の条件を導きだせば、それは円を表す曲線になります。そのような点の座標は、三平方の定理から以下の関係式を満たします。これを円の方程式といいます。

この節を最初から読む
この節の目次にもどる

円の方程式

見てのとおり、三平方の定理そのものです。円と三角形は、形もぜんぜん違いますし、まるで関係なさそうですが、このように座標軸上の関係式で考えると、意外な深いごエンがあるわけですね。たいへんおもしろいことだと思います。


<参考にさせていただいた資料>
 図形と方程式(Wikibooks)

posted by oto-suu 10/09/18 | TrackBack(0) | 初等幾何 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 前のページ | TOP | 次のページ >>
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162942394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック